キャリア形成支援サイト
Q&A | サイトマップ | トップページ
パンフレット一覧 お問合せ

株式会社長坂製作所

助成金の申請をお考えの方
キャリア形成促進助成金
企業内人材育成推進助成金
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者の選任
中小企業の範囲
助成金活用事例
よく使われるコンテンツ
事業内職業能力開発計画
雇用する労働者の職業能力の開発及び向上を段階的かつ体系的に行うために事業主が作成する計画です。
職業能力開発推進者
従業員の職業能力開発を計画的に企画・実行し、社内で積極的に推進するキーパーソンが「職業能力開発推進者」です。
講習・サークル・イベント情報
職業能力開発推進者講習やキャリア形成支援に関する各種イベント情報を掲載しています。
キャリア診断サービス
自社の状況を振り返るための専用のシートにご記入いただき、人材育成上の課題を把握し、分析を行います。
サービスセンター所在地一覧
キャリア形成支援専用メールマガジン
助成金の申請をお考えの方
キャリア形成促進助成金活用事例
株式会社長坂製作所
企業概要
都道府県 群馬県
業種名 製造業
従業員数 50人(平成27年10月現在)
1.本助成金を活用するに至った背景事情

(1)事業展開

“モノつくりは人つくり”技術・技能のボトムアップ(下から吸い上げて全体をまとめていく)が必要であるとの考えから、平成24年から技能育成としての社内教育について年度計画を策定しスタートさせました。
将来の事業多角化、拡大するモノつくりを見据えたとき、原理原則・専門知識を学び日常業務・改善活動に活かすことや技能検定制度を活用して資格取得するなどの思いから、平成25年から技能士取得に向け取り組んできました。
しかし、それは資格取得だけに特化したものではなく、通常業務の更なる技術・技能アップを目指して行ってきました。

(2)人材育成の推進

[1]初心者、中級者、上級者など階層に応じた教育の実施
[2]新人教育・通年度入社教育の実施
[3]OJTを通じ技能向上を目指して体質強化
上記を通じ能力分野としての業務遂行、問題解決能力の向上を目指した自立型育成を実施してきました。
2.1の背景事情による人材育成における課題
講座遂行の計画に対して、業務を優先せざるを得ない場合があり、時間や日程の設定を調整することがありました。
3.サービスセンターへの相談内容およびサービスセンターからの支援内容

(1)サービスセンターへの相談内容

キャリア形成促進助成金の年間職業能力開発計画について、群馬職業能力開発サービスセンターから助言指導を受け、また、「企業内人材育成推進助成金制度」について説明を受けました。

(2)サービスセンターからの支援内容

[1]人材育成の課題の分析
群馬職業能力開発サービスセンターからの「事業内職業能力開発計画」の作成に対する指導に基づき、職業能力開発計画の立て方を理解するとともに、他の企業事例等を参考に自己啓発計画書・チャレンジシート作成について、指導・支援を受けました。

(3)新たな人材育成計画の検討

人材育成計画を毎年年度計画に盛り込んで実施しています。


(4)対象助成金の選定(コース名)

キャリア形成促進助成金 政策課題対応型訓練(熟練技能育成・承継コース)
キャリア形成促進助成金 政策課題対応型訓練(若年人材育成コース)

(5)助成金の申請準備の支援

群馬職業能力開発サービスセンターからの支援により、キャリア形成促進助成金の計画申請と支給申請を準備することができました。

(6)助成金関係以外のサービスセンターからの支援について

[1]キャリア形成に関する支援拠点として相談依頼を行い、ホームページ作成への支援を受けました。
[2]「職業能力開発推進者講習」を受講しての、キャリア・コンサルティング活用の支援を受けました。
4.助成金の申請

(1)申請に当たっての労働局からの指導

生産納期に間に合わせる必要があるので、実施日を変更することがありますが、計画通りに実行することが基本である旨の指導がありました。

(2)申請許諾に当たっての労働局からの指導

就業規則の改定について指導がありました。
5.実施した訓練の内容

(1)新たな人材育成計画の実施状況

[1]平成27年キャリア形成促進助成金 政策課題対応型訓練

【具体的な訓練内容】
熟練技能育成・承継コース
到達目標 2級NCフライス盤技能士育成
訓練時期 4月〜9月
カリキュラム 機械要素、機械工作法、材料、熱処理法、材料力学、製図、電気一般、品質管理、安全衛生、最近の出題傾向演習問題、幾何学実技プログラム(78時間)、実技課題(60時間)
総訓練時間 138時間、16日間
受講者 2人
講師 熟練技能士1人(社内講師)


[2]平成27年キャリア形成促進助成金 政策課題対応型訓練

【具体的な訓練内容】
若年人材育成コース
到達目標 2級機械加工技能士育成
訓練時期 8月〜12月
カリキュラム 機械要素、材料、熱処理法、材料力学、電気一般、品質管理、安全衛生、フライス盤、ボール盤その他、M/Cプログラム(57時間)、実技:旋盤、フライス盤、(20時間)
総訓練時間 77時間、12日間
受講者 2人
講師 熟練技能士1人(社内講師)


[3]平成27年キャリア形成促進助成金 政策課題対応型訓練

【具体的な訓練内容】
熟練技能育成・承継コース
到達目標 1級機械検査技能士育成
訓練時期 10月〜1月
カリキュラム 1級ペーパーテスト66時間(品質管理、ペーパーテスト課題)、作業試験課題の実務実習22時間
総訓練時間 88時間、14日間
受講者 1人
講師 熟練技能士1人(社内講師)

[4]平成27年キャリア形成促進助成金 政策課題対応型訓練

【具体的な訓練内容】
熟練技能育成・承継コース
到達目標 品質管理初級
訓練時期 8月〜11月
カリキュラム 品質管理初級10時間、QC7つ道具の作成・活用26時間、改善活動による問題解決の進め方8時間
総訓練時間 44時間、8日間
受講者 3人
講師 熟練技能士1人(社内講師)
6.助成金を活用して訓練を実施した結果

(1)従業員の意識・行動変化、満足度

技術的能力の向上、業務に対する取り組む態度等に自信が見受けられます。
段取り、プログラム補正技術が向上しました。

(2)品質、効率の向上

今後、原理原則をベースに提案能力、改善能力を発揮することを期待しており、
できばえなど品質チェックについての能力も併せて向上することを期待しています。

(3)人材育成の好循環

計画的に社内教育を行った平成24年以降の技能検定取得者
平成25年NCフライス盤2級1人、機械検査2級1人
平成26年NCフライス盤2級2人(1人成績優秀者表彰)
平成27年NCフライス盤2級1人、機械検査1級1人

“モノつくりは人つくり”であり、今後とも訓練を継続することが企業として必要なこ
とだと考えています。
7.訓練実施後の展開
群馬職業能力開発サービスセンターの支援により「企業内人材育成推進助成金」と「キャリア形成促進助成金」の”若年人材育成コ−ス” ”熟練技能育成・承継コース”も併用して活用する予定にしています。
「技能検定合格報奨金制度」についても、平成28年前期の申込みより、群馬職業能力開発サービスセンターの指導のもと、実施する予定にしています。
»キャリア形成促進助成金活用事例一覧へ戻る

ページトップ

中央職業能力開発協会
■キャリア形成支援でお悩みの方
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者選任
講習・サークル・イベント情報
能力評価制度の構築
キャリアコンサルティングの導入・活用
キャリア診断サービス
 ・キャリア診断サービス実施後アンケート
キャリア支援に係る自社評価シート
■助成金の申請をお考えの方
キャリア形成促進助成金
企業内人材育成推進助成金
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者の選任
中小企業の範囲
助成金活用事例
■キャリア形成取組事例
人材育成事例
事業内職業能力開発計画事例
■サービスセンター所在地一覧
■都道府県講習会・サークル・イベント情報
■メールマガジン「きゃりあ道」
■サービスセンター利用アンケート
■Q&A
■サイトマップ
■お問合せ
Copyright © 2015 Japan Vocational Ability Development Association. All rights reserved.