キャリア形成支援サイト
Q&A | サイトマップ | トップページ
パンフレット一覧 お問合せ

株式会社千葉グリーンセールス

助成金の申請をお考えの方
キャリア形成促進助成金
企業内人材育成推進助成金
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者の選任
中小企業の範囲
助成金活用事例
よく使われるコンテンツ
事業内職業能力開発計画
雇用する労働者の職業能力の開発及び向上を段階的かつ体系的に行うために事業主が作成する計画です。
職業能力開発推進者
従業員の職業能力開発を計画的に企画・実行し、社内で積極的に推進するキーパーソンが「職業能力開発推進者」です。
講習・サークル・イベント情報
職業能力開発推進者講習やキャリア形成支援に関する各種イベント情報を掲載しています。
キャリア診断サービス
自社の状況を振り返るための専用のシートにご記入いただき、人材育成上の課題を把握し、分析を行います。
サービスセンター所在地一覧
キャリア形成支援専用メールマガジン
助成金の申請をお考えの方
キャリア形成促進助成金活用事例
千葉グリーンセールス株式会社
企業概要
都道府県 千葉県
業種名 建設業
エクステリア&ガーデン設計・施工専門店
従業員数 17人(平成27年10月現在)
1.本助成金を活用するに至った背景事情

暮らしの個性化、多様化、高級化が一段と進み、住環境に対する意識が大きく変化していく時代のニーズに応え、エクステリア(造園・外構工事)に関するあらゆる知識と技術を 結集して、環境変化に対応する必要があります。

このような環境変化の中で、従業員の年齢は40代以上が多く、新入社員の採用だけでなく、中途採用でも募集を行っています。しかし、業界全体で入社する人数や経験者が少ないうえ、入社しても長続きしないことが多く、知識や技能の継承がままならない状況になっています。

2.1の背景事情による人材育成における課題

花を取り扱うことが多い業務のため、花に関する広く深い知識が必要とされていますが、花の種類は数多く、実務経験を積んでいないと多くのお客様に対応することはできません。社内で各階層の上司による指導および外部講師による新入社員研修から、一般主任研修・管理者研修と各階層別や個別能力に応じた教育を計画していますが、研修体制と業務との兼ね合いもあり、社内研修だけでは十分とはいえません。特に業界での新入社員等への研修機会は少なく、若年従業員の確保とともにその育成が緊急の課題となっています。

また、会社の定める資格等を取得した場合は資格手当を支給しています。資格取得が昇給条件の重要な要件になっており、会社としては、資格取得を奨励していますが、若年従業員からの受験希望も少ないのが実情で、従業員のモチベーション向上も課題になっています。

3.サービスセンターへの相談内容およびサービスセンターからの支援内容

平成25年新入社員や中途採用者への研修について、千葉職業能力開発サービスセンターへ相談に行った時に、各種助成金の説明がありました。

千葉職業能力開発サービスセンターからは、各種助成金、職業能力開発計画、従業員のモチベーション向上の相談等について、数回にわたって相談支援がありました。

「事業内職業能力開発計画」の策定、それに基づく従業員に対して実施する訓練計画の策定について支援を受け、キャリア形成促進助成金の活用を薦められました。

4.実施した訓練の内容

対象助成金の選定(コース名):キャリア形成促進助成金 一般型訓練

平成25年に群馬県の同業者が実施している月1回半日(3時間30分)の研修を1年間受講

(1)具体的な訓練内容

【具体的な訓練内容】
訓練コース ガーデンラバーズ・プロフェッショナルコース
到達目標 ガーデニングやアグリカルチャーを行う上で必要となる基本知識を学ぶ。
対象者 勤務年数が1年以上で、現場において植栽の計画と設計に従事している者
訓練期間 平成25年4月24日〜平成26年3月26日 月1回、各3時間30分
カリキュラム概要 植物の分類、植物の植え方及び殖やし方、色彩知識の習得、土の基本知識、肥料の種類と施し方、病虫害防除方法、庭づくりの手順、植物の剪定と誘引、植物の体のしくみとメンテナンス方法
総訓練時間 42時間、1年間、月1回、受講者2人
5.助成金を活用して訓練を実施した結果

(1)従業員の意識・行動変化

訓練を実施したことにより、お客様に対する対応に自信を持つことができるようになり、仕事全般に対して、積極的に行うようになってきていると感じています。

(2)人材育成の好循環

造園施工管理技士、土木施工管理技士、エクステリアプランナーの取得を目指して積極的に取り組んでいます。
6.訓練実施後の展開

今後とも年間1〜2人の新入社員・中途社員を採用し、社内外の研修により従業員の育成を進めていきます。平成26年度以降、外部の1日研修を受講しています。平成25年度同様の月1回半日のような講習であれば業務に支障がなく、受講することも可能ですが、(例えば)1日7時間の講習を6日間のような42 時間講習では業務に支障がでるので、受講することは不可能です。

これから、業務に支障がなく助成金の対象となるような講習を受講する場合には、是非 キャリア形成促進助成金を活用したいと思います。

»キャリア形成促進助成金活用事例一覧へ戻る

ページトップ

中央職業能力開発協会
■キャリア形成支援でお悩みの方
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者選任
講習・サークル・イベント情報
能力評価制度の構築
キャリアコンサルティングの導入・活用
キャリア診断サービス
 ・キャリア診断サービス実施後アンケート
キャリア支援に係る自社評価シート
■助成金の申請をお考えの方
キャリア形成促進助成金
企業内人材育成推進助成金
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者の選任
中小企業の範囲
助成金活用事例
■キャリア形成取組事例
人材育成事例
事業内職業能力開発計画事例
■サービスセンター所在地一覧
■都道府県講習会・サークル・イベント情報
■メールマガジン「きゃりあ道」
■サービスセンター利用アンケート
■Q&A
■サイトマップ
■お問合せ
Copyright © 2015 Japan Vocational Ability Development Association. All rights reserved.